”売るための服”ではなく”考えを表現するための服” |立教大学服飾デザイン研究会(FDL)が7/16(日)にファッションショーを開催

 

立教大学を中心に総合大学生で構成されたファッションショーサークル「服飾デザイン研究会(fashion design lab.)」が2017年07月16日(日)にファッションショー「馨(かおり)」を開催する。場所は、立教大学池袋キャンパス内ウィリアムズホールで行われる。

 

FDLとは?

同サークルは、年に2回のファッションショーを開催しており、ショーには服飾学生を中心に東京コレクションで活躍されているデザイナーも来場する。服のデザイン、縫製、会場の演出、音楽、映像、渉外活動の全てを学生で行い、専門学生でもプロのデザイナーでもない学生が、「売るためではない服」をファッションショーで表現する。

また、その歴史は50年以上あり、KEISUKEYOSHIDAのデザイナー吉田圭佑や、伊勢丹での展示で話題を集めているファッションデザイナー中里周子が在籍していたことで知られている。

 

関連記事:現役東大生が東コレブランド「KEISUKEYOSHIDA」と共同で大学ネームの付いたブルゾンをクラウドファウンディングで制作!
関連記事:【INTERVIEW—1/2 ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)の デザイナーに聞く!】きっかけは「学校の中のイケてるグループに入りたい!」
関連記事:【INTERVIEW—2/2 ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)の デザイナーに聞く!】17ssコレクションの裏話。これを読んだら、ルックの見え方が変わる!

 

【過去のショーの画像】

 

 

Fashion Showのテーマは「馨(かおり)」

遠くに佇む微かな記憶
馨は記憶の糸を手繰り寄せ
新たなカタチを紡ぎ出す
嗅覚から視覚へ
馨を纏い、貴方へ漂う

 

参加/予約はこちらから

▼Reservation :

【1st】open 14:00 / start 14:30 の予約

【2nd】open 16:00 / start 16:30 の予約

【3rd】open 18:00 / start 18:30 の予約

 

※予約する回によって予約ページが異なります。

※各回内容は同じものです。

 

 

FDLはその長い歴史とは裏腹に、型にはまらない服を提案し続ける。ある学生は流行を意識し、またある学生は自身のバックグラウンドを作品に落とし込む。学生の個性がアウトプットされた作品は、センセーショナルに見た人の感情に訴えかけるものがあるだろう

「”売るための服”ではなく”考えを表現するための服” 」

売ることを前提としていない作品を学生のみならず業界人にもぜひ見ていただきたい。

 

 

開催概要:

▼Date : 2017.07.16 Sunday.

▼Time :

【1st】open 14:00 / start 14:30

【2nd】open 16:00 / start 16:30

【3rd】open 18:00 / start 18:30

@立教大学池袋キャンパス ウィリアムズホール

*ENTER FREE
*完全予約制

HP:http://fdl.xsrv.jp
Twitter @FDL_fashionshow
Instagram @rikkyounv.fdl

 

Text :  (READY TO FASHION MAG 編集部)

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする