インスタグラム発!今注目のアパレルブランド3選

今、若者を中心に人気を集めるインスタグラム発祥の3つの次世代アパレルブランド『Youth Loser』、『foufou』、そして『RANDEBOO』。SNSをメインに活用し起業する若者も増えているなか、差別化を続けるこの3つのブランドの特徴とは?これからD2Cビジネスなど、インスタグラムでアパレル起業をしてみたいと考えている方は必見です!

アイキャッチ

Youth Loser

まず、最初にご紹介するのは、Youth Loser(ユースルーザー)。こちらは、ユース世代に絶大な人気を誇る男性インスタグラマー・KEIがプロデュースする、ユニセックスのストリートファッションブランドです。英語で、若者・青春時代を意味する「Youth」に、負け犬を意味する「Loser」、つまり「青春時代の負け犬」という鋭いブランドネームもストリートファッション好きの若者の支持を集めています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Youth Loserさん(@youthloser)がシェアした投稿

KEIは、国内外の様々なストリートブランドを独自のセンスで着こなしているインスタグラマーとして有名です。ファッション感度が非常に高い彼自身のインスタグラムに投稿されるコーディネート写真は、ストリート系なのにスタイリッシュだと評判。Youth Loserには、そんな彼のセンスと個性が生かされています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

K E Iさん(@keis_gram)がシェアした投稿

KEI自身が生まれた年である1997年をモチーフにした、「1997」のロゴがブランドのトレードマーク。着る人を選ばない、シンプル且つスタイリッシュなデザインの商品ラインナップが、多くの若者から愛用されています。また、カリスマインスタグラマーがデザイナーを務めるだけあって、インスタグラムの投稿も圧倒的な統一感を醸し出しており、KEIのセンスを感じることが出来ます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

K E Iさん(@keis_gram)がシェアした投稿

オンライン上のみでオリジナルグッズを作成・販売出来るサイト、SUZURI(スズリ)での販売からスタートし、現在ではカジュアルブランド、WIND AND SEA(ウィンダンシー)とのコラボ商品発売やポップアップイベントの開催など、多方面で注目されている新進気鋭のブランドです。

 

ブランドアカウント: @youthloser

デザイナーアカウント: @keis_gram

WEBサイト: https://www.amazon.co.jp/dp/4040656180

 

foufou

次に紹介するのは、foufou(フーフー)です。

foufouは、ファッションデザイナーのマール・コウサカが、2016年に立ち上げたブランド。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

foufouのマール コウサカさん(@foufou_ha_fukuyasan)がシェアした投稿

デザイナーのマール・コウサカは、大学卒業後に文化服装学院に入学し、在学中にfoufouを立ち上げました。SNSやインタビューなどで、度々洋服に対する思いを語っています。彼の、「いいものを適度な価格で消費者に届ける」という消費者目線に立ったものづくりへのこだわりを、foufouのコンセプトや商品から感じることが出来ます。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

foufouのマール コウサカさん(@foufou_ha_fukuyasan)がシェアした投稿

foufouは、「ユニクロやザラだけでは満足できない。そういった人たちが買えるような服を売りたい」というデザイナーの想いから誕生したブランドで、素材にこだわりながらも、手の届きやすい価格で販売しています。また、シンプルで洗練されたデザインも特徴。販売開始数分後に完売してしまうほど、人気があります。

 

インスタグラム : @foufou_ha_fukuyasan

ツイッター:https://twitter.com/foufou_marl

ブログ:https://note.mu/foufou

WEBサイト: https://www.teshioni.com/smp/list.php?type=class&mcat=239311

 

RANDEBOO

最後にご紹介するのは、RANDEBOO(ランデブー)です。こちらは、モデルのSEIKAと彼女の恋人である阿部卓真が、2016年に立ち上げたレディースブランドです。

RANDEBOOとは、フランス語で「デート」「あいびき」を意味しており、その言葉の通り、「待ち合わせで相手をドキッとさせるような、いつもより背伸びする自分」というロマンティックなコンセプトが掲げられています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RANDEBOOさん(@randeboo_official)がシェアした投稿

SEIKAは、地元・北海道でモデルとして活動を開始すると、高校卒業と同時に上京し、パートナーである阿部卓真と共にRANDEBOOを立ち上げました。ブランドの着用モデルは、全てSEIKAが務めています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RANDEBOOさん(@randeboo_official)がシェアした投稿

フェミニン × ヴィンテージテイストがRANDEBOOのデザインの特徴。大きく膨らんだドルマンスリーブのトップスやアシメントリーなスカートは、遊び心があって、女性の可愛らしさを最大限に引き出してくれます。シンプルで上品な色合いなので日々のコーディネートにも取り入れやすいのも人気のポイントです。また、ブランド立ち上げ人本人がモデルを務めていることもあり、その想い、世界観がユーザーにダイレクトに伝わりやすく、特に10・20代の女性からの支持が熱いブランドになっています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RANDEBOOさん(@randeboo_official)がシェアした投稿

 

アカウント: @randeboo_official

デザイナーアカウント: @seika_boo

WEBサイト: https://randeboo.shop/

運営会社URL:株式会社Ainer http://ainer.co.jp/

 

 

インスタグラムで起業しているアパレルブランドの特徴

インスタグラムで起業しているアパレルブランドは、「コンセプトの差別化」と「徹底したブランディング」を特に大切にし、SNSを介してユーザーにそれを発信し続けていることが特徴的です。

D2Cでのアパレルブランドの飽和状態が続き、インスタグラムからの起業や、自分のブランドを持つインスタグラマーが多い今。他とは違うコンセプトを持ち、それをSNSで発信し、伝え続けることが、消費者の目に留まるためには必要不可欠な要素となっています。

また、インスタグラムというビジュアル重視のプラットフォームでは、消費者により魅力的だと感じでもらうような世界観を作ることによって、ファンが増え、それが購買にも繋がっていきます。

これからインスタグラムでアパレル事業を始めてみたいと考えている方は、今回ご紹介したブランドを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする