【連載】daily youth|ミレニアル世代のファッションアイテム vol.2 XANDER ZHOU(ザンダーゾウ)

今ファッション業界で最も注目されているワードの一つ、「ミレニアル世代」。

2000年代に成人あるいは社会人になる世代のことを指し、1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ミレニアルズ(millennials)とも呼ばれる。

近年、「若者離れ」が深刻化しているファッション業界だが、本連載では、そんな「若者=ミレニアル世代」らが持つ、お気に入りのファッションアイテム、価値観をインタビューと共に紹介する。

 

vol.2は1998年生まれ、岡山の大学で機械工学を学びながら、ファッションサークルにてスナップ冊子の製作も行う松村宗一郎さん。

彼のお気に入りのアイテム、ファッションに対する価値観とはどのようなものなのだろうか。

 

関連記事
【連載】daily youth|ミレニアル世代のファッションアイテム vol.1 Blue Bronze(ブルーブロンズ)

【XANDER ZHOU(ザンダーゾウ)のニット】

ーなぜこの商品を買ったのですか?

今の自分に合ったデザインだったので、一目惚れですね。XANDER ZHOU(ザンダーゾウ)のことは買ってから好きになりました。

 

ーどこで買いましたか?

大阪の梅田駅/中崎町駅の近くにあり、AMI・RAF SIMONS・THOM BROWNE・DRIES VAN NOTENなども展開するHNW STOREです。

 

ー「若者離れ」と言われている今のファッション業界についてどう思いますか?

若者のファッション離れは結局、時代の流れだと思います。消費の選択肢の多さや、ファストファッション、ネット通販の普及で服への関心が薄れたり、服本来の価値がわからなくっているんだと思います。僕は「モテたいっ」からの流れでファッションへの関心が生まれました。その時、個性をどこで出して、どこまで出すのかが、今の時代、良い意味でも悪い意味でも視野が広がってきているのだと思います。

 

ーありがとうございました。

 

HNW STORE : http://hnw-jp.org/

 

#undercover#xanderzhou

soichiro_matumura/松村 宗一郎さん(@soichiro_matumura)がシェアした投稿 –

 

Planning & editing:Riku MatsuzawaREADY TO FASHION MAG 編集部)
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする