【アパレル業界職種ガイド】バイヤーのお仕事

アパレル業界職種ガイド

バイヤーとは、商品のバイイング(買い付け)を主に担う職種であり、マーケットの動向や消費者のニーズを嗅ぎ分けて売れそうな商品を世界中から集めてきます。

ファッション・アパレル業界の花形ポジションですが、実はファッションのセンスだけではなく、各地を飛び回る体力などもバイヤーには求められます。

今回はそんなバイヤーの仕事について理解を深めていただけるよう解説していきます。

バイヤーとは?

バイヤーとは、様々なブランドやメーカーから、お店で販売する商品の買い付け業務を行う職種です。

企業により細かい業務内容は異なりますが、一般的にはマーチャンダイザー (MD)と販売戦略や予算計画の立案を行って展示会などを回ります。そこで商談を行い商品を買い付けます。

決められた予算内で、売れる商品を適切な数だけ買い付けることが必要となり、企業の売上や利益に直結する重要なポジションとなります。

バイヤーの仕事内容

仕事

実はバイヤーの仕事内容は、買い付けだけではありません。買い付け前の情報収集から、商品が消費者の手に渡り、売上があがるまでがバイヤーの仕事と言えるでしょう。

バイヤーの仕事内容について、具体的にご紹介します。

買い付け、バイイング

バイヤーの主な仕事は、商品の買い付け、バイイングになります。
マーチャンダイザー (MD)と設計した戦略や予算をもとに、シーズンごとにブランドや企業が行う展示会に足を運び、自店に合う商品を探し出して商品を買い付けます。

トレンドやマーケットの動向を把握し、売れる商品を買い付けることが重要となります。

【主な職種】
マーチャンダイザー (MD)
・プレス(PR)
営業

商談

商品の買い付けの際には、取引先との商談が必要となります。
バイヤーは決められた予算内で、必要な数を仕入れなければなりません。そのためには取引先に交渉することも発生するでしょう。
また、既存の取引先だけでなく、新しいブランドを見つけ、新規の取引先と商談をすることもあります。

【主な職種】
営業

在庫管理

商品を買い付けて終わりではなく、在庫の売れ行き、消化率を見る事が必要になります。
売れる商品を在庫の過不足がないように仕入れるのがバイヤーの仕事です。
仕入れた商品が余っても、足りなくても会社の利益に大きく関係してくるため、買い付け後の管理をすることが必要になります。
そこで得たフィードバックが次のシーズンの買い付けの判断材料になります。

【主な職種】
マーチャンダイザー (MD)
営業
販売員(ショップスタッフ)

マーケット調査

買い付けを行うためにマーケットを知り、情報収集を行うことが必要です。
メディアを見ることはもちろんですが、トレンド情報をいち早く知るために、ファッションショーやコレクションなどに参加することもあります。

【主な職種】
・プレス(PR)
マーチャンダイザー (MD)
販売員(ショップスタッフ)

バイヤーに求められるスキル・素質

仕事

バイヤーになるためにはどんなスキルが必要でしょうか。

企業によって仕事内容は異なるため、求められるスキルも一概には言えませんが、一般的に必要とされるスキルや素質をご紹介します。

トレンドを先読みするセンス

必要不可欠なのはファッションに関するセンスです。
もちろん売れる商品を買い付けるためには、センスの良さだけではなく、マーケットや消費者の動向を知ることも大切です。
トレンドの知識を持つことを前提に、そのトレンドがどのぐらいヒットするかを見極めたり、先読みすることが最も重要と言えるでしょう。

情報収集能力

マーケット、消費者の動向を知るためには情報収集が必要不可欠です。
実際の店舗へ足を運んだり、雑誌など幅広いチャネルから情報を集めなければなりません。
近年ではSNSからトレンドが生まれることが主流のため、SNSにもアンテナをはることが必要でしょう。
チャネルが増えたことで、収集しなくてはならない情報量もとても多くなっています。そのためファッションが好きで、情報を集めることを楽しめる人が向いているでしょう。

コミュニケーション能力

バイヤーはたくさんの展示会に参加します。既存の取引先だけでなく、新規の取引先の展示会に参加することもあります。
そのため、初めて会う人とも、円滑なコミュニケーションが取れることが必要になります。
バイヤーになるためには、販売員(ショップスタッフ)の経験が求められるので、コミュニケーション能力を高めるためにも販売員(ショップスタッフ)を経験しておくことが良いかもしれません。

語学力

展示会は国内だけではなく、世界中で開かれます。
企業によっては商品の買い付けも世界中を回ることになります。円滑にコミュニケーションを取るためにも、語学力があることは大切になります。

体力とタフさ

華やかな面が多いですが、バイヤーは情報収集・分析から、買い付け、交渉などで各地へ飛び回ることもあるため、体力が必要です。
長時間のハードワークをこなす体力と、商談を重ねたりする面から、精神的なタフさも求められます。

バイヤーになるために必要/有利な資格

資格

バイヤーに必須の資格はありません。しかし、華型で人気のあるバイヤーになることは簡単ではありません。そのためファッションの知識や、語学に関する資格を持っているほうが有利になるでしょう。

販売士検定

バイヤーの仕事に役立つことが期待される資格の1つが、「販売士検定」です。
販売士検定は、7700万人の受験実績を誇る商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験です。「リテールマーケティング検定」と呼ばれることもあります。
販売士検定は、マーケティング、マーチャンダイジングをはじめとする流通・小売業における専門知識を測定する試験です。
1級から3級までありスキルに合わせて取得することができます。

【応募サイト】
販売士検定

TOEIC

海外へバイイングへ行くことも多く語学力が求められるため、TOEICを取得しておくと役立つでしょう。
TOEICとは、Test of English for International Communicationの頭文字であり、アメリカの非営利テスト開発機関ETS(Education Testing Service)が主催する英語のコミュニケーション能力を測定するための試験です。
外資系企業や、英語力を求める多くの企業では、採用選考の際、英語力の目安として、TOEICのスコアが用いられています。

【応募サイト】
TOEIC

バイヤーになるためのキャリアプラン

採用条件

未経験からバイヤーに就くケースは稀になります。なぜかというと、バイヤーは店舗の運営や顧客のニーズを把握することが非常に重要だからです。

一般的には店舗で販売員(ショップスタッフ)店長などとキャリアを積み、それからバイヤーになるという傾向にあります。

もしくは、アシスタントとしてバイヤーの仕事を始め、徐々に経験を積んでいくという方法もあります。

ただし、アシスタントから始める場合も、販売員(ショップスタッフ)経験必須というケースも多々見受けられます。

まずは販売員(ショップスタッフ)の経験を積んでおくことが大切になるでしょう。

現在バイヤーを募集中の企業

常に新しいものに触れることができるバイヤーは、ファッション好きには大きなやりがいを感じれる職種でしょう。

READY TO FASHIONではバイヤーの募集もあります。興味のある方は是非エントリーしてみて下さい。


READY TO FASHIONでは
ファッション・アパレル業界のバイヤーの求人を多数掲載中

求人を見る


【参考文献】
「ファッション辞典(第4版)」(大沼淳、萩村昭典、深井晃子 監修、文化出版局、1999)
「増補新版 図解服飾用語辞典」(杉野芳子 編著、ブティック社、2003)
「1秒でわかる!アパレル業界ハンドブック」(佐山周、大枝一郎、東洋経済新報社、2011)
「ファッション業界大研究[第2版]」(ファッション&ソフトマーケティング研究会 編著、産学社、2019)
「ファッション業界大研究【改訂版】」(オフィスウーノ 編、産学社、2008)
「アパレル素材企画 プロフェッショナルガイド」(野末和志、繊研新聞社、2019)
「役に立つアパレル業界の教科書」(久保茂樹、文芸社、2016)

text: READY TO FASHION MAG 編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする