インフルエンサー×アパレル企業によるファッションブランドが盛り上がりをみせる。

 

多数のレディスブランドを手がけるバーニッシュカンパニーは新ECブランド(エクル)のクリエイティブディレクターとして、Instagramを活動拠点とするインフルエンサーの金澤楓を迎えた。

また、C CHANNELが公式クリッパーとして(C CHANNELへ動画を投稿するインフルエンサーのこと)”プチプラのあや”を迎え、安くても高く見える服、失敗しない服選びをしたい女性を救うべく、彼女自らバイイングを行うセレクトショップをオープン。

両社ともに、世の若い女性から圧倒的支持を誇るインフルエンサーを迎えることで、彼女たちのファンや支持層をブランドの新しい顧客層として獲得することを目指しているのだろう。SNSを通じて、ファッションに関連するアイテムを購入する世代に向けた、ブランド戦略が確立しつつある。

 

※インフルエンサーとは
その名の通りインターネットにおいてブランドや商品を紹介することで世間の購買意欲を促すことのできる影響力を持つ人のことを言う。人によってはSNS上に数千、数万のフォロワーやファンをもつインフルエンサーも出現。より幅広く、ブランドや商品のの知名度、信頼を獲得するための広告塔として業界から注目を集めている。

 


(プチプラのあや)

 

【アパレル企業×インフルエンサー×SNS】

SNSで活躍するインフルエンサーの情報発信能力の高さに注目が集まる一方、ファッション業界ではEC(オンラインショップ)にも注目が高まる。インフルエンサーがSNS内での広告塔になることで、EC(オンラインショップ)での売り上げに貢献するという流れが期待されている。

そんな中、株式会社ネバーセイネバーが開始した、新ブランド設立プロジェクト『OPEN BRAND』はそんな流れの中でも更に目新しい動きである。数々のブランドを手がける同社が、ブランド立ち上げを目指す、インフルエンサーを対象に一般公募を行なう。審査を通過した応募者は、同社の生産背景やECサイトにおける支援を受けながら、新たなブランドを立ち上げることができる。企業やブランドが一方的な情報提供をしていた時代とは一転、インフルエンサーという個人がSNSにて発信したものがファッションや流行りを形成するのが今の流れ。『OPEN BRAND』は、一般人でもファッション業界と協業することができるという新たな可能性を、より具体的、より現代的な形で世の中に示す取り組みになっている。

 


詳細/応募ページ:https://www.readytofashion.jp/articles/events/842771753

 

【Editors view】

ファッション業界はこうしたSNSやEC、インフルエンサーの台頭といった世の流れに沿う形の新規事業を拡大させようとしている。『OPEN BRAND』に焦点を絞ってみると、服飾系の学校や業界での下積みを重ねるといった従来の正攻法とは一転、一般人がすぐ表舞台に立てるというのは業界に憧れつつも迷いがある人にとっては新たなる希望となりうるのではないだろうか?ブランド立ち上げに興味がある方、SNSでの情報発信能力の高さに自信がある方、将来的にファッション業界を目指したいが燻っている若者は新たな方法として『OPEN BRAND』の選考にチャレンジしてみてはいかがだろう。

 

text:S.Kamegai (READY TO FASHION MAG編集部)
ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする