ルブタンの赤いソールにまつわる話?ファッション・ロー(法律)についてのセミナーが開催

 

Fashion Law(ファッション・ロー)という言葉が、いま世界的に注目を集めている。洋服やバッグなど、ファッションアイテムのデザイン等の法的保護について研究するもので、紛争事例が増加しつつある日本でも研究組織が発足し、デザインの権利を守る動きが広がっている。

 

関連記事:【繊研新聞社主催】ファッションとビジネスのリアルを知る。日本最大級のアパレル展示会「JFW-IFF」見学&セミナー 体験ツアー

そんな中、K.I.T.虎ノ門大学院(金沢工業大学)が、現場の最前線で活躍する3名のパネリスト(Fashion Law Institute Japan 事務局長の金井倫之氏、骨董通り法律事務所 弁護士の中川隆太郎氏、内田・鮫島法律事務所 弁護士の山本真祐子氏)を招いたセミナーを開催。

 

・ルブタンの赤ソールの商標による保護から、色と位置が商標として保護されるのか?

・「どの程度似ていれば『模倣』?」

・ファッションデザインが著作権で保護されるか?

 

など、国内外の事例を紹介しながら、デザインと権利について学ぶことができるそうだ。

詳細・申し込みはこちら:http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/toranomon/professional-meeting/1202424_2847.html

 

 

■ 日時: 2017年12月6日(水)19:30 – 21:30
(進行状況により多少延長する場合もございます。予めご了承ください)
■ 場所: 金沢工業大学 虎ノ門キャンパス http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/map.htm
■ 定員: 100名
■ 費用: 無料

■ 主催:K.I.T.虎ノ門大学院(金沢工業大学)
■ 共催:知的財産教育協会
■ 後援:繊研新聞社<参考>

第1回セミナーレポート:http://www.bizlaw.jp/report_kittoranomon_01_01/

 

【第1部 『ルブタン商標にみる色と商標』】19:30 – 20:00
◎講師:金井 倫之 氏

【第2部 『ファッションデザインは著作物か?−日米欧の現状と展望』】 20:00 – 20:30
◎講師:中川 隆太郎 氏

【第3部 『ファッションデザインの模倣問題』】20:30 – 21:00
◎講師:山本 真祐子 氏

【第4部 『質疑応答セッション』】21:00 – 21:30
◎講師:金井倫之氏、中川隆太郎氏、山本真祐子氏

 

Text:Naoko Inoue(READY TO FASHION編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする