着なくなった洋服を最後まで活かす『shareCloset(シェアクローゼット)』がサービスを開始!

着なくなった洋服を最後まで活かす『shareCloset(シェアクローゼット)』がサービスを開始!

株式会社エアークローゼットが、アパレル廃棄問題を解決するための新プロジェクト『shareCloset(シェアクローゼット)』を2018年12月14日(金)より開始する。

株式会社エアークローゼットとは

ファッションレンタル日本初・国内最大級、女性向けの月額制ファッションレンタル『airCloset(エアークローゼット)』をメインとするプロのスタイリストによるパーソナルスタイリングサービスの運営会社であり、実店舗の『airCloset×ABLE(エアークローゼットエイブル)』、新しい購買体験ができる『pickss(ピックス)』で、全国の女性のライフスタイルに寄り添うファッションとの新しい出会いを届けている。

社会全体でアパレル廃棄問題解決を目指す仕組み

シェアクローゼットのしくみ

『shareCloset(シェアクローゼット)』とは、着なくなった洋服を回収し、
株式会社エアークローゼットが月額制ファッションレンタルサービス『airCloset(エアークローゼット)』をはじめとした洋服のシェアリング事業で培ってきた技術や、独自開発のクリーニング方法などのメンテナンスノウハウを活かして(※1)、次の活用に向けて再生する取り組み。

回収された洋服の状態により、
1:シェアリング、2:リサイクルのいずれかの方法で次の人へ“ファッションとの新しい出会い“を届ける。エアークローゼットは回収された洋服の検品と再生を担当し、リサイクルする洋服は日本環境設計株式会社の『BRING(ブリング)』により、再生資源として別の用途に利用できるようになる。
これにより、手持ちの洋服を「売るより手軽、捨てるよりうれしい」新しいシェアリング体験することができます。

シェアクローゼットの仕組み

プロジェクトの第一弾パートナー企業として、株式会社フランドルと2018年12月14日(金)〜31日(月)まで東京・大阪の『INED』『ef-de』『7-IDconcept.』等計6店舗を拠点として開催。
期間中に手持ちのフランドルブランド(※2)の洋服を対象店舗に持参すれば、新しい洋服の購入に利用できる特別クーポンがプレゼントされる。洋服の回収と同時に、新しい洋服との出会いも楽しむことができます。

着なくなった洋服を捨てるのではなく、「次の誰かを笑顔にする」ために、このプロジェクトを通して、昨今世界中で問題となっている、年間30億着以上とも言われるアパレル廃棄の社会問題に貢献してみてはいかがでしょうか?

shareCloset特設ページ

※1:エアークローゼットこだわりの検品・メンテナンス: https://www.air-closet.com/quality/
※2:対象ブランド:http://www.flandre.ne.jp/brand/

第一弾『shareCloset』×フランドル施策概要

期間中に対象店舗にFLANDREグループ製品を持参した人に、洋服一点につきクーポンを一枚プレゼントされる。

・開催期間:2018年12月14日(金)〜31日(月)
・対象店舗:ルミネ池袋 MARCHE de CLEARIMPRESSION/大丸梅田店 INED/大丸梅田店 ef-de/
大丸梅田店 7-IDconcept./あべのハルカス近鉄本店 INED/
あべのハルカス近鉄本店 7-IDconcept.
・回収条件:雑貨・タンクトップ・キャミソールを除くFLANDREグループ製品

※品質表示の製造元にFLANDRE、IBFM、it’s international記載があるものに限ります。

・対象ブランド:http://www.flandre.ne.jp/brand/
・クーポン内容:取得可能枚数:持ち込み点数×1枚(最大20枚まで発行)
・利用条件:本体価格5,000円ごとに1,080円のチケットを1枚使用可能
・クーポン有効期限:2019年2月末日まで
・利用可能店舗:『shareCloset』プロジェクト開催店舗のみ


text: READY TO FASHION MAG 編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする