【中途/正社員】店舗統括責任者(店長)候補募集のカバー写真

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません

何をやるのか

マザーハウスでは「店舗は中小企業であり、店長は経営者であれ」
といわれており、店長のことを「店舗統括責任者」と呼んでいます。

店舗統括責任者は、店舗の運営業務に留まらず、
経営者として、理念体現のために自ら裁量権を持ち店舗経営を行い、
ブランドや店舗のある地域に価値を生み出すミッションを担っています。
店舗は、ブランドの価値や認知拡大を行うための重要なお客様との出会いの場です。
店舗統括責任者は、
「店舗をどのような場所にして、お客様とのつながりを作っていくのか」自ら考え、
アクションすることが求められます。

【業務内容】
・店舗運営業務
年及び月戦略立案実行、売上データ分析、在庫管理、
VM(空間デザイン)、接客・顧客様対応、店長会やその他会議への参加

・マネジメント業務
年間~日の予算策定、収支管理、労務管理、人材育成、チームビルディング

・認知拡大アクション
店舗発イベントの企画立案や実施。
SNS等の配信、学校での講演会や社内外イベントの登壇。
近隣施設での催事の実施、外部の方との交渉等

・持続的な成長に向けた方針づくり
店舗Visionの策定、中期的な店舗戦略立案等

【キャリア】
・店舗職キャリア:
店舗にて副店舗統括責任者(副店長)、店舗統括責任者(店長)に進むキャリア。
<事例>
20代前半 不動産業から転職。複数店で店舗統括責任者を経て、
     複数店舗を統括するエリアマネージャーへ
20代後半 製造業から転職中途で入社。複数店舗経験を経て、
     1年半後に店舗統括責任者へ

・事務所キャリア:
店舗にて経験を積んだ後、事務所の各チームへ異動し、
より専門性のある職務へと進むキャリア。
<事例>
20代後半 金融業から転職。3年で店長の経験を経て、マーケティンググループへ。

※一方向ではなく、事務所から店舗や、
店舗→事務所→店舗などのキャリアの可能性もあります。

【勤務地】
全国のマザーハウス店舗(関東・関西・宮城・名古屋・福岡)
相談の上、決定。
https://www.mother-house.jp/shoplist/

どんな人に来て欲しいか

小売業でのご経験(上記の業務経験の有無)は問いません。
下記の姿勢を持った方と一緒に働きたいと考えています。

・理念の体現のため、主体性を持ち、自らの言動でブランドをつくっていく
 気概とリーダーシップを持ちあわせている
・答えを与えられることを待つのではなく、
 自分で模索し、考え続ける姿勢がある
・新しい物事、変化に対してポジティブに捉えることができ、
 現状に満足せず変化を恐れずチャレンジすることができる
・ブランド価値向上のために、思考と実行を継続することができる
・物事の多面性を理解し、また多様な価値観を認められる
・素直さをもって、相手から共に学び合い成長しようとする姿勢がある

募集情報
募集地域 宮城県 / 千葉県 / 東京都 / 神奈川県/横浜 / 愛知県/名古屋 / 京都府 / 大阪府 / 兵庫県 / 福岡県 /
勤務地住所
勤務時間

シフト制、フルタイムは1日実働8時間、週5日勤務

【休日・休暇】
・店舗スタッフはシフト制。月に9日休み。希望休の申請可能。
・有給休暇:初年度、入社時に10日間付与
・慶弔休暇
・産前・産後休暇
・育児休業休暇
・アニバーサリー休暇(5日間)など年2回、連続5日間以上の休暇取得を推奨

勤務期間 期間なし
試用期間 試用期間なし
賃金

年収 400万円~600万円
※前職での経験やスキルに応じて決定

【賞与】
年2回、業績に応じて支給

【昇給・昇格】
年に2回、昇給・昇格のチャンスあり

【各種手当】
・残業手当
・通勤手当
・出張手当
・家族手当
(子ども1人目月2万円、2人目以降月1万円の子育て支援手当支給)

【福利厚生】
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、定期健康診断実施、
インフルエンザ予防接種 など

社会保険 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 /
待遇・福利厚生 週休2日制 / 交通費支給 / 社内制度あり / 昇給あり / 未経験歓迎 / 服装自由 / 教育制度あり / 学歴不問 /

・アート補助制度(美術館の入館料を会社が補助する制度です)
・ファクトリービジット (海外生産地での実地研修)
・新人研修
・各種研修(社内外の講師による研修)
・朝の勉強会(副社長山崎との勉強会)

企業のカバー写真
何をやっているのか/独自のサービス

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」

  • 弊社代表取締役兼チーフデザイナー山口とバングラデシュ自社工場のパタンナー職人

  • 使われなくなったバッグのレザーを再利用して生まれたリメイクバッグ

途上国から世界に通用するブランドをつくる。
「途上国」と一括りにされた場所にも、
可能性があることを証明したい。

その想いを胸に、マザーハウスは
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を掲げ、
2006年にバングラデシュからスタートしました。

個性的な輝きを放つ素材、誇りある職人の技術、
多様性あふれる固有の文化。

途上国の可能性を形にして、
素材開発からお客さまにお届けするまでを一貫しておこなう
マザーハウスのモノづくりは、
6カ国にバッグ・ジュエリー・アパレルの工場・工房を持ち、
世界5ヵ国で45店舗の自社店舗を展開しています。

ファッション業界での役割

生産と販売、お客様と生産者、途上国と先進国という二項対立を越えたコミュニティを。

  • マザーハウス銀座店 店内

  • 販売スタッフ(弊社ではストーリーテラーと呼んでいます)

よりよい社会に対するアクションは、日常生活のファッションの中でも
実現できる。外見だけの価値で消費選択をする時代から、
今後はモノの背景を知り、内面の美しさが求められる時代となる。
そんな時代の先駆者として、チャレンジし続けたいと考えています。

また、そんな消費活動が途上国と先進国の間にある物理的、精神的な壁を
自然に壊していくはずだと思っています。途上国の現状を変えるのは
援助でも国際機関でもなく、私たち消費者であること。そのツールと
成りえるプロダクトを今後も作り、お届けしていきたいと思います。

会社情報
会社・団体名 株式会社マザーハウス
資本金 27,950,000円
設立年月 2006年3月9日
代表者氏名 山口絵理子
従事者数 300名(アルバイト含む)
本社所在地 東京都台東区台東2-27-3 NSKビル2F

プロフィール/コンタクト情報を共有します。

※エントリー状況は、他ユーザには公開されません