働くならここにも注目! 充実した福利厚生のあるファッション企業

「働き方革命」の実現に向けファッション業界でも様々な企業が施策を打ち出しその実現に向け力を入れています。ZOZOTOWNを運営する株式会社ZOZOの6時間労働制や手厚い住宅手当など「働き方改革」の波も相まって社員一人ひとりに長く幸せに働いてもらえるような福利厚生やユニークな制度の導入は増えてきています。企業がそれぞれの企業文化や理念に沿った制度を導入している福利厚生に注目すると、その企業の特色や今後自分が働く場所を決める際の基準が見えてくるかもしれません。

アイキャッチ

6時間労働制が話題!|株式会社ZOZO

ファッション通販サイト『ZOZOTOWN』やファッションコーディネートアプリの『WEAR』などを運営する株式会社ZOZO。そんなZOZOでは「幕張手当」という本社のある幕張の地域活性化を目的に幕張に住む社員に対して月5万円が支給されています。通勤時間の短縮や社員同士が同じエリアに住むことによる交流機会の増加にもつながっているようです。ほかにも、6時間労働制の「ろくじろう」という制度を導入し短時間で生産性をを落とさず仕事をすることを目指しています。このようにZOZOでは社員が最大限のパフォーマンスを発揮できるよう様々な福利厚生における制度が実施されています。

zozo

妊娠・子育て・育児休業からの復職までトータルサポート|株式会社アダストリア

ニコアンドやグローバルワークなど様々なブランドを展開している株式会社アダストリアでは独自の女性支援制度を行っています。産前・産後休業や育児休業に加えつわり等の体調不良でも安心して休むことのできる「産前特別休暇」や保育施設に子どもを預けて勤務している場合に最大2万円の保育料が補助される「育児支援補助」など女性支援に関する制度が充実しています。女性社員が全体の7割以上を数え、育児と仕事の両立を支援するアダストリアならではの制度と言え、育児休業からの復職者が9割以上という数字からも独自の福利厚生制度の重要性がうかがえます。

アダストリア

女性が一番老けて見える水曜日には、美容と健康に向き合う時間を|株式会社マッシュホールディングス

スナイデルやジェラート・ピケなどのブランドを展開するファッション事業に加えビューティー&オーガニック事業、フード事業、デザイン事業など幅広く事業を展開する株式会社マッシュホールディングス。そんな同社では「Wellness Wednesday」という取り組みが行われています。これは「1週間のうち女性がもっとも老けて見えるのが水曜日である」というイギリスの化粧品会社サントロフェの調査をもとに、毎月第二水曜日の就業時間内の90分間を利用して美容と健康に向き合う取り組みです。この他にもヘルシーで美味しいごはんが味わえる社員食堂やヨガスタジオやフィットネスジムの設置など健康や美容を意識した取り組みを実施しています。

マッシュホールディングス

業界初!会社の利益を社員に分配|株式会社ロコンド

自宅で試着、返品できるファッション通販サイト『LOCONDO.jp』の運営やECサイトの支援事業、そしてスペインのファストファッションブランドである『MANGO』のEC、リアル店舗(MANGO原宿店は2019年1月27日をもって閉店)の運営を手掛ける株式会社ロコンド。そんな同社では業界初の試みと言われるプロフィットシェアインセンティブ制度という会社全体の業績結果に応じて支払われる業績賞与を導入しています。副業もOKとし社員の働き方も自由に選択できる仕組み作りが特徴です。

ロコンド

子育てをする社員に毎月3000円を支給|株式会社レナウン

幅広いブランドを展開し、アパレル製品や雑貨の企画・製造・販売を手掛けている株式会社レナウンでは、子育てをする時短勤務の販売員と一緒に働くスタッフに対し月3000円を支給する「ほほえみサポーター手当」という制度を導入しています。これは子育てをするスタッフを支える側のスタッフのシフトへの負担を考慮し、お互いに安心し協力し合えるよう導入されたもので、子育てをするスタッフとそれを支えるスタッフがともに働きやすい環境の実現を目指しています。同社はさらにノー残業デーの実施やテレワークの推進などワークライフバランスの実現に向けた多くの制度も導入。

レナウン

環境保護活動に参加できる社員向けインターンシップを導入|パタゴニア日本支社

サーフィン、登山など様々なアウトドア用品の製造・販売を手掛ける人気アウトドアブラドのパタゴニア。環境保護への取り組みやオーガニックコットンの使用やリサイクル素材の活用など環境に配慮した製品の製作でも知られる同社では「環境インターンシップ・プログラム」という制度があります。これは社員が給与と福利厚生を受けながら最大で2か月職場を離れ、各自が選んだ環境保護グループの活動に参加できるというものです。また、「季節労働者」という夏はサーフィンをし冬はスキーをしながら働くという働き方も可能になっています。このような制度はまさに社員の柔軟性を尊重し環境に配慮しながら質の高い製品を製作しているパタゴニアならではの制度と言えます。

パタゴニア

以上のように福利厚生といっても企業によって労働時間に関するものから社員の健康に力を入れたもの、女性のライフイベントを重視したもの、さらには環境保護に対する取り組みまで多種多様な制度があります。会社を探す際、福利厚生に目を向けてみるとその会社の特色がより見えてくるのではないでしょうか。

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする