【INTERVIEW】大人気若手イラストレーター・寺岡奈津美 幼き日の夢を可愛らしい犬と優しいタッチと共に実現させる彼女に注目

【INTERVIEW】

寺岡奈津美(teraoka)

イラストレーター/デザイナー

interview:Tomomi Abe
text:Tomomi Abe
photo:Izumi Tanaka

今年、京都精華大学を卒業し本格的にイラストレーターとして活動を始めた寺岡奈津美さん。

精華大学在学中からイラストレーターとしての活動を始め、その可愛らしいイラストと柔らかいタッチが女性を中心に人気を博し、発売されたグッズは即完売、Twitterのフォロワー数は2016年現在で1万5000人を超えるなど、まさに今注目の若手イラストレーターです。

また、ラブリーサマーちゃんのアートワークを手掛けていることでも有名な寺岡さん。イラストだけに縛られず、CDジャケットやラブサマちゃんのグッズ、お菓子のパッケージデザインを手掛けるなど、多くのデザインを手掛けています。

しかし、メディアには一切顔出しをしておらず、その正体は非常に謎に包まれている彼女。

今回は、私が在籍している武蔵野美術大学の芸術祭を一緒に回りながら、イラストレーターとして活動されることになったきっかけは勿論、彼女と深く関わりのある音楽業界との馴れ初めや、大人気グッズの誕生秘話などをお伺いしてきました。

どのお話も「えぇ!?そうだったの!!??」と驚くこと間違い無しです!

—寺岡さんのお仕事の内容とご自身の経歴について教えて下さい。

寺岡奈津美(以下:寺岡):イラストレーターをしています。また、イラストを武器にしてデザインも行っています。

去年、京都精華大学のグラフィックデザインコースを卒業し、今年から本格的にイラストレーターとして活動を始めました。

大学はデザイン学科に通おうと決めていたのでそれまでにファインアートを勉強しようと思い、高校生の頃は油絵を専攻していました。

—大学でグラフィックを学ばれてから、現在のイラストのお仕事をしようと思われたのはなぜでしょうか?

寺岡:小学校の頃からイラストレーターになりたかったんです。でもイラストレーターだけでやっていくのは難しいじゃないですか。

仕事にしつつ、自分の絵を使うにはどうしたらいいかな?と考えた時に、”デザイナーになってデザインしたものの中に自分の絵を使ったら絵が仕事にもできるんじゃないか”と思い、デザイナーになろうと思ったんです。それで、グラフィックデザインコースっていう学科に入ってデザインを学んで、大学の授業も受けつつ自分でイラストの仕事などもしていたら、イラストのお仕事も来るようになって、だんだんと形になってきました。こっちでもやっていけそうだなって。

でもまだイラストレーターになれたと思っていないのでさらに頑張りたいと思っています!

—すごい…!デザインの幅もたくさんあると思うのですが、グラフィックデザインを選ばれた理由を教えてください

寺岡:絵を使ってもらっているのってポスターとかのイメージで…笑

それに、精華大学に行きたいと思ったきっかけが、広島で活躍されているイラストレーターのBOOSUKAさんっていう方がいて、その人の出身の大学を調べたら精華大学だったので、それで精華大学に行ってみたんです。

また、イラストコースを見てみたらイラストしか学べなかったんですけど、グラフィックデザインコースを見てみたらポスターやパッケージデザインに絵を取り入れている学生さんがたくさんいて。それで、イラストコースに行かなくても絵が描けるんだ!と知り、それだったらグラフィックコースの方が幅広く仕事ができそうだなと思って、グラフィックデザインコースにしました。

—寺岡さんがイラストレーターを目指すきっかけとなった出来事はどんなことだったのでしょうか?

寺岡:ずっと絵を描いてきたら慣れたという感じなので…笑

ー成功者の言葉だ…!!それでは影響を受けたイラストレーターさんなどはいますか?先ほど名前が挙がったBOOSUKAさんなど….?

寺岡:はい、BOOSUKAさんはJRのお正月の大きな広告にイラストが使われていたり、広島市のテレビのイメージキャラクターやベネッセでイラストが使われていたりと公式な場で仕事をされている方です。万人ウケする絵を描かれてる方なのですが、それを見てイラストレーターとして影響を受けました。

出典:Amazon

—寺岡さんといえばラブリーサマーちゃんのアートワークを手掛けるなど、音楽業界とも強い繋がりがあるように見られます。

寺岡:私がずっと目標にしている夢があってそれはCDジャケットを描くことなんですね。それで、音楽が好きでたくさん聞いていたらだんだんとって感じです。

ーそうだったんですね!ラブリーサマーちゃんのジャケットデザインを含めたアートワークはまさに夢が叶った瞬間だったのですね。

寺岡:そうですね。

ー最近では、ジャケットのデザインだけではなくMVなどでも寺岡さんのイラストや文字を拝見します。

寺岡:私がこういう仕事に就こうと思ったきっかけの人がいて、永戸鉄也さんって方なんですけど、その方がCDジャケットも手がけるし、MVも手がけるし、ライブグッズも手掛けるような人だったんです。

私もそれを見て、こういう活動がしたいなと思いこの仕事を始めました。

—寺岡さんが作品を作っていく上で大事にされていることはありますか?

寺岡:体験した景色とかを絵に残そうと思っています。自分の中で想像した絵とかじゃなくて、今犬を書いているのも昔犬を飼っていてずっと見ていたことがきっかけになっています。

愛らしい犬のフォルムをすごく覚えていて、それを絵に残したいなと思って犬も書いたりとか、おばあちゃんの家がすごく田舎でその家の景色がすごく大好きで、「夕方の今のここの景色が好き」っていうのを覚えて家に帰って絵に描くとか、旅行に行ってここの景色が良かったなと思ったら覚えて帰って書くとか、体験したことを絵にしてます。

ー犬の写真をSNS上で集めてらっしゃるのも、それもそういう観念に基づいてですか?

寺岡:自分で好きなものを書くのも楽しいですが、いろんな人が大切にしているワンちゃんを描いたら、いろんな人の大切が詰まってもっと良い絵になるんじゃないかと思ったんです。

また、なんで今回犬の写真を集めていたかというと、11月に犬の展示があったからです。

いろんなイラストレーターさんが集まって犬の作品を展示するっていう企画で、私は犬の絵を飾ってピンバッチを売るって展示なんですけど、その犬の絵をツイッターの知り合いの大切な犬で描いたらフォロワーさんも喜ぶんじゃないかと思って始めました。

—最近、ポストカードなどの紙面上だけでなく、帽子やスウェット、バッグなど、ファッションとして楽しめるグッズが増えてきたように感じます。これらのグッズを作ろう!と思ったきっかけはどんなことだったのでしょうか?

寺岡
基本的にグッズはどうせ作るなら自分が使いたいものを作りたいなと思っています。

”帽子”は、私はおじいさんおばあさんが好きなんですけど、街でおじいさんおばあさんを観察していたら、よく白い帽子をかぶっている人がいて、「おじいさんとおばあさんの中で白い帽子が流行っているのかな?」って思ったら私も作りたくなっちゃって…笑

そして、おじいさんとおばあさんがかぶってくれたら嬉しいなと思って作ったのがきっかけです。

ーえぇ!そうだったんですか!?

寺岡:はい…笑

それで作った帽子を実際におじいちゃんとおばあちゃんに被ってもらって写真を撮ったりしました。

いつもグッズは、誰に使ってもらいたくて作るとか、目的を何個か決めて何かを作るようにしています。

このバック(1枚目の写真で寺岡さんが手にしているもの)だったら、「Macが入れられるバックが欲しいな」と思って大きめのバックを作りました。

実際に、自分の作ったグッズを使ってもらった時、人の生活に自分の絵が溶け込んでいる感じがして嬉しいですね。

—寺岡さんが好きな洋服のブランドを教えてください。

寺岡:マーガレットハウエル(margarethowel)が好きです。

おばあちゃんになっても着られるような、飽きのこない服が好きで、絵が大きく描いてあるような服ではなく、ずっと着られる生地の良いものが好きです。

なので、自分の作るグッズにもそのこだわりは詰まっています。

また、このブランドを好きになったきっかけが、お母さんの服や、お母さんが20歳の時に着ていた服を私が着たりする時に、長く着続けられるものが良いなと思ったからなんです。

おばあちゃんの服とか着られたら嬉しいですよね。

—そうですよね。それでは最後にこれからやってみたいことがあったら教えてください。

寺岡:来年、人と一緒に展示する企画をこっそり企画しています…!

ーやはり、個人でやる企画と誰かと組んでやる企画では全然違いますか?

寺岡:そうですね。大人数になりすぎると自分の意見が言いにくくなってしまって、自分の中で上手くいった思い出がなくて…笑

でも、今1人の人と2人でやる企画を考えていて、お互いの良さを引き出し合えるような展示ができたら良いなと思っています!


絵のタッチ同様、やわらかな口調と優しいトーンで丁寧に言葉を選びながらインタビューに答えてくださった寺岡さん。

大人気の裏側には、彼女が小学生の頃から夢見ていたイラストレーターとして活動するための様々な努力とそれを実現するための強い意志が隠されていました。

そんな彼女がこっそり企画しているという展示がこちら。

是非、皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか?


寺岡奈津美ホームページ:http://kyoto.lolipop.jp/inu/teraoka/

寺岡奈津美Twitter:@teraoka_natsumi

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする