あなたの投稿は何色の何?インタスタグラムで「いいね!」の数を増やす方法とは

 

みなさんはインスタグラムで「いいね!」をもらいやすい投稿にはどんな特徴があるか知っていますか?今回はあらゆるSNS投稿を分析し、「SNS映え」するスポットだけを地図上に表示するサービス「Snaplace」を運営する合同会社SNAPLACEが公開した「インスタ映え(※1)」する写真の特徴を紹介する。

※1「インスタ映え」する投稿とは「いいね!」が付きやすい投稿のこと

 

ここでは、投稿の種類を「おしゃれ(Cool!)」系 /「ネタ(Haha!)」系の2つのカテゴリに分けて、どんな投稿にいいね!がついているのか、以下の2つの調査結果を発表。

 

①投稿する画像の要素(料理、スイーツ、植物、お花など)
②主力の構成色・カラー

 

【「おしゃれ(Cool!)」系:①投稿する画像の要素】

以下のグラフは、いいね!の確率を高い順に表示している。それを見てみると、「おしゃれ(Cool!)」系の構成要素で最も多いのは「食べ物」や「食事」。その次に「小物」、「レストラン」、「お皿に盛られた料理」と続く。そして、「部屋」や「インテリア」と、おしゃれな空間はやはり反響が高買った。そして、「海」や「海岸」が続いて評価が高くなった。そしてインスタ上では「お花」や「植物」も評価が高いようだ。

 

 

【「ネタ(Haha!)」系:①投稿する画像の要素】

 

次に「ネタ(Haha!)」系の構成要素を見てみると、こちらも「食べ物」や「お皿に盛られた料理」、「食事」などが上位を占め、フォトジェニックと比較してもその比率が高いことが分かる。一方、フォトジェニックでは次に「部屋」や「インテリア」などのおしゃれなものが続いていたが、面白・ネタ部門では「芸術作品」や「寺院」、「建造物」が続いた。

 

 

【「おしゃれ(Cool!)」系:②主力の構成色・カラー】

以下はフォトジェニックな写真の色を抽出したもの。可愛い「赤」や「ピンク色」、パステルカラーの「エメラルドグリーン」や「青い空のブルー」などが多くなっていることが分かる。

 

 

【「ネタ(Haha!)」系:②主力の構成色・カラー】

次に笑い・ネタ系の写真の色を見てみると、フォトジェニックな投稿とは異なり、「濃い目の茶色」や「濃いブルー」、「ダークレッド」などの色が多いことが分かる。

 

 

【まとめ】

おしゃれ(Cool!)で「インスタ映え」するのは…

・食べ物、おしゃれな空間、海や花など風景

・赤やピンクの可愛らしい色、パステルカラー

 

ネタ(Haha!)で「インスタ映え」するのは…

・食べ物、芸術作品、建造物、モニュメント

・茶系の色、濃い目ではっきりした色

 

という結果となった。自分の投稿に当てはまるポイント、友だちのあの子の投稿に当てはまる点は見つかっただろうか?

 

ファッションの表現が、洋服だけではなく、このようなSNSへの表現に移行しつつあることは、ファッションに興味のある若者は体感しているかもしれないが、SNSの活用は、今後、ファッション業界で活躍する上では必須の能力であると言える。しかもそれは、採用の際にも、判断材料に使用されることも少なくない。チャオパニックや、カスタネを展開する株式会社パルにおいても、ショップスタッフのSNS発信を強化するだけでなく、評価制度の見直しなどを行なっている。

参考記事:フォロワー総数:130万人を突破、パルの販売員によるSNS施策から見えるものとは?

 

ファッション業界と繋がるしごとSNS「READY TO FASHION」でも仕事を探す際に、プロフィールにインスタグラムのアカウントを追加し、採用担当者にアピールできるような仕組みを導入している。上記を参考にSNSという”ファッションアイテム”を使いこなして見てはどうだろうか。

 

Text: READY TO FASHION MAG編集部

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする