ファッション団体代表インタビュー【vol.6 服飾デザイン研究会】

「ファッション」を取り扱うサークルや学生団体が20団体所属している「fashion community1.0」(以下略、fc)の、関東で活動する各団体の代表にインタビューする本企画。

第6回は、立教大学を拠点に活動する「服飾デザイン研究会」(以下略、FDL)の代表を務める山本さんに、fcの活動や様子について伺った。

服飾デザイン研究会
1958年設立の服飾団体。学生による”服を売るため”ではないファッションショーは、服のデザインから演出まで全てに重点を置いている。OBには、現在ファッション界で活躍する有名デザイナーも多くいる。


ーfcについては知っていましたか?

全く知りませんでした。自分は、大学に入る前まで長い間、海外に住んでいたので、サークルという存在自体あまり知りませんでした。

ー山本さんが思う”サークル”はどんな集まりですか?

自分のサークルは、自由という言葉につきます。どのようなスタンスで活動を行うかは、自分次第です。そのため、サークルによる縛りはほとんどないです。これは、fcの多くの団体で共通していると思います。遊びに来る人もいれば、真剣に取り組む人もいます。なので、サークルの捉え方は、自由だと思います。

ー普段はどんな格好で通学していますか?

こだわりは特にないです。その日の気分で決めています。ただ、派手な格好をしたいのですが、似合わないので、避けるようにしています。いつか、着てみたいですね。

ーサークルに入ったきっかけはなんですか?

以前から仲良くしていた友人の先輩がFDLに入っていて、気になっていたので、入学してすぐに新歓に行きました。

ー最後に、新入生に向けてメッセージを!

アパレル業界に興味がある人は、自分がアパレル企業に求める理想像にあったサークルを選ぶのをお勧めします。自分の意思で活躍したい企業に入りたいのであれば、やりたいことができるようなスタートアップサークル。自分は揉まれながら、厳しい環境で成長したいのであれば、ガッツリと体制が整ったサークルに入るべきだと思います。
アパレルを趣味で取り組みたい人は、一度新歓に来て、先輩たちのノリや雰囲気で決めるのが一番だと思います。

現在、FDLでは、新規メンバーを募集中!

入会エントリーはこちらから:https://www.readytofashion.jp/articles/recruitments/599537778


text : fashion community1.0編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする