東京大学の服飾サークル「fab(ファブ)」が創るファッションショー「くゞる」が2016年11月20日に開催

fullsizeoutput_57e3

 

2005年に創設されたファッションショウを創る団体”fab”が11/20 下北沢ケージにてファッションショーを行う。

fabは服飾・美術・音楽・建築・映像・写真・文学・哲学など、多岐にわたる興味・専門を持つ、東京大学の学生中心が集まった団体だ。

 

私は、”素人ではあるが故に技術を持たない私たちは、クリエイションと真撃に向き合いながら協働することで
価値あるショウを一から創り上げていきます。”とホームページに記載されていた言葉に惹かれた。

 

そして、11/20に”fab”はどんなショウを創るのか興味を持った。今回はfabについてと今回のショーのコンセプトに迫る。

 

 

fabについて

東京大学の学生を中心に活動している服飾サークル。

年に1~2回、ファッションショウや展示会を開催している。

服の制作、演出など全て学生の手で一から作り上げる。ただ服を作るだけではなく「服で表現する」ことが基本姿勢であり、コンセプトにこだわり、メッセージ性のある作品の制作および演出を目指している。

今年の2月には「もぬけのから」をコンセプトに展示会を開催した。

 

 

 

そして、今回11/20に開催されるショーのコンセプトは 「くゞる」。

 

 

 

頭が服をくぐる瞬間

服と人の関係は揺らぎ

独立から一体へと切り替わる

何かが何かをくぐる時

世界は揺らぐくぐることで

身体は内と外を行き来し

そこには新たな関係性が

芽生える身体と外部を巡る

いっさいの関係の始まりが

「くぐる」ことにあるならば

この行為を服に刻み付けていく私たちは

始原へ遡りながら未知へと旅をするのである

 

 

”服で表現する”ことに力を入れているfabはどんなショーを観せてくれるのだろうか。

当たり前のように ”くゞる”という行為をしているが、ここに着目して生活している人は少ないだろう。

 

 

そして、もう一つ気になるのは会場である。

下北沢ケージは、高架下に建設された3年間という期間限定の屋外施設である。フェンスに囲まれた半開放的空間でのショウはfabとしても新たな試みである。

 

 

半開放的な空間で、どう照明や音楽を使うのだろうか。

”fab”はどのように”くゞる”を表現するのだろうか。

 

img_7234

 

 

ファッションショウ概要

タイトル:fab 12th fashion show “くぐる”

日時:2016年11月20日(日)

13:30~と15:30~の同内容の2回公演

開場は開演30分前を予定しております。

場所:下北沢ケージ(東京都世田谷区北沢2-6-2、下北沢駅南口より徒歩3分)

定員:1公演につき40名 予約制

※当日入場も可能ですが、お席をご用意する都合がありますので、ご予約をおすすめいたします。

予約フォーム→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXQWlWUyPMERUCntdywh7d66o7Hbdph04jwxRUtJ7RLYDjLg/viewform?c=0&w=1

※入場無料

 

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする