関西の300人のファッション好きが一堂に会す、「MTYH」のアフターパーティーとは?

 

 

2018年7月2日、心斎橋のLINE-up STOREにてオリジナルTシャツブランド「MYTH(マイス)」の展示会『MYTH pop up store2018 –AFTER PARTY』が開催された。

 

【MYTHとは】

関西を拠点に2014年からスタートしたファッションブランド。MYTHは「My Thought」の頭文字をからなっており、その時のデザイナーの考えをコンセプトにしたTシャツをメインに展開している。大阪を中心に、東京、名古屋の3都市でポップアップでの販売を行う。

online shop:https://myth-fiw.stores.jp/

 

関連記事はこちら:
【関西】ファッションをテーマに活動する8つのサークルが合同イベント「OPEN CIRCLE」を開催
【Report|OPEN CIRCLE 関西】7つ学生団体によるファッションイベントの中身とは?
サスティナブルにデニムを楽しむ『DENIM ACT NIGHT(デニムアクトナイト)』第2弾が渋谷O-Nest & 7th Floorで開催決定!

 

今回のイベントは、東京、名古屋、大阪の3都市で行われた「MYTH pop up store2018」を締めくくるアフターパーティーとして開催された。

本記事では、写真を中心にイベントの様子をコンテンツに分けて紹介する。

 

【展示 / 販売】

 

MYTHが発表しているオリジナルTシャツの販売、展示を行った。
かねてより人気を博していており、ブランドの定番となっている「Fashion is Wonderful」を略した「FIW」のロゴTシャツをはじめに、「Ich brache eine Wand」というドイツ語で「壁を壊す」というロゴTシャツなどに加え、新たに3種類のTシャツが発表された。

それぞれのTシャツを写真とともに紹介していく。

 

1_Libely

 

大阪を賑やかなファッションで活気のある街にしていきたい。そのためには、まず愛が必要なのではないか、という意味が込められた。

2_New Epoch -envilonmental problem-

 

文字通り、「新しい時代を作っていきたい」という意味。そのためには自分自身の環境を整えていくべきであるが、まだ未完成という意味から、下部分に「環境問題」というテキストが反対に刷られている。

 

3_NOW -what’s the meaning of this?-

 

現代はSNSが流行し「インスタ映え」の言葉があるように、商品をupすることばかりに囚われ、商品の中身を見ていないのではないか。時代に乗った言葉は必要だが、その商品の中身を知ることこそが重要であるという意味。

 

 

など、様々なメッセージを込めたTシャツが発表された。

【音楽 | DJ】

 

主に東京でモデルとして活動をするKinari や、関西出身のsouなどのプレイが行われた。

【LIVE PAINT】

 

大阪のポップアップの期間では、ライブペイントも並行して行われ、関西で活動するパフォーマンスグループの「透明回線」shunがMYTHをイメージした作品を制作した。

 

【音楽 | LIVE】

 

イベントの最後には、注目のガールズバンド「Hump Back」のヴォーカルである林萌々子による1時間弱の引き語りライブを開催。

会場は大いに盛り上がりを見せた。

 

 

 

関西の多くのファッション好きの若者や業界人300人ほどが集まり、ファッションを楽しみながら、様々なコミュニケーションが生まれる機会となった。

 

オンラインで服が安易に購入できる時代の中で、リアルな場でファッションを楽しむ機会は減っていきている。

今回の「MYTH」ポップアップストアは、単なるポップアップの枠を超えて、現代のファッションシーンにおいて、とても価値のあるものになったのかもしれない。

 

 

 

text: READY TO FASHION MAG編集部

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする