サステイナブルなファッションを表現 | 大阪大学「FtoS」がファッションショー・展示会を11月4日(日)に開催

2018年11月04日(日)に大阪大学の学生団体「FtoS」が、ファッションショー・展示会を網羅したイベントを同大学の学園祭「まちかね祭」にて開催する。

 

 

【FtoSとは】

2017年に大阪大学の学生を中心として設立された新鋭ファッション団体。
ファストファッションにおける、発展途上国の過酷な労働環境、洋服への愛着の薄れ、大量の衣服廃棄などの様々な問題から、「若者のファストファッションからスローファッションへの意識の変革」を目標に掲げ、ファッションショーや展示会などの様々な活動を通して、若者にファッションの魅力やスローファッションの魅力を伝え、若者が変わることで、現状は少しでも良くなるのではないか、という想いのもと設立された。
主な事業内容は、①ファッションショーの運営・企画②洋服のリメイク③ファッションスナップ。

 

学生団体「FtoS」が団体運営メンバーを募集!

 

【期間限定キャンペーン】

若者からもっとファッションを楽しむ、『READY TO FASHIONABLE 002』開始!最高10万円の手当てキャンペーンなど

 

【過去の活動】

MACHIKANE FESTIVAL 2017

 

ITYO FESTIVAL 2018

 

 

FtoSの関連記事はこちら:

スローファッションを訴える大阪大学の学生団体「FtoS」が11/4に初のイベントを開催

【Report】学生団体「FtoS」がゲリラショーで伝えたかった想いに迫る。

【Report|OPEN CIRCLE 関西】7つ学生団体によるファッションイベントの中身とは?

 

 

サステイナブルなファッションを表現

 

今回で2回目となる同団体のファッションショーのテーマは「サステイナブル」。

ショーでは、様々な場所から集められた、着られなくなった洋服を使用。

タンスに眠っていた洋服を、”染め”という手段を通じ、リメイクすることで新たに生まれ変わらせる。

 

 

 

 

感動する洋服に出会ったことはありますか? 

 

みなさんは本当に欲しい洋服を買っていますか?
感動する洋服に出会ったことはありますか?

ファストファッションの浸透により 、安くお洒落に”見える”ことはできるようになったかもしれません。

しかし、自分が本当に素敵だと思う洋服を着てこそ、その洋服を”魅せる”ことができると思います。
私たちFtoSは洋服に愛着を持って長く大切に着るスローファッションの提案を 理念に掲げ、

今回、タンスに眠る洋服たちに新たな命を吹き込むべく – sustainable –をテーマにファッションショーを開くことにしました。

これを機に多くの人に服を好きになっていただけたらこれ以上ない幸せです。

(代表| 植田壮大郎)

 

 

開催概要

開催日時:2018年11月4日(日)

ファッションショー:13:00-13:30 (途中入室退出禁止)
展示会:14:30-16:00 (途中入室退出可)

開催場所:大阪大学豊中キャンパス大講義室

アクセス:大阪府豊中市待兼山町1-5

料金:入場無料、要予約

予約ページ:https://www.readytofashion.jp/articles/events/128845616

 

 

HP: https://peraichi.com/landing_pages/view/ftos
Instagram: https://www.instagram.com/ftos.170427/
twitter: https://twitter.com/FtoS_170427

 

 

View this post on Instagram

 

学生団体FtoSさん(@ftos.170427)がシェアした投稿

 

 

Text :D.miyauchiREADY TO FASHION MAG 編集部)

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする