メンズ7ブランドが参加する「Creators Tokyo MEN」が渋谷ヒカリエにて開催!

メンズバイヤーとメンズデザイナーのための展示商談会「Creators Tokyo MEN」がAmazon Fashion Week TOKYOの関連イベントとして、渋谷ヒカリエ8階COURTにて開催される。バイヤーにとっては、高感度なメンズ7ブランドが参加する「Creators Tokyo MEN」を、新たな提案のための商材を見つける場と位置付け、活用できるだろう。また会場には、スタイリストの服部昌孝氏がディレクション協力をした参加7ブランドの鮮烈なイメージビジュアルも展示される。

 

 

CREATORS TOKYOとは?

TOKYO新人デザイナーファッション大賞プロ部門の審査に合格し、ビジネス支援を受けている優れた若手デザイナーたちのユニット。毎年10名程度が選出され、3年間にわたる様々な支援により国内外でビジネスを大きく拡大している。この画期的なプログラムは、繊維ファッション産学協議会、東京都、東京ファッション・ビジネス活性化実行委員会により2011年にスタートし、世界のファッション界で注目を集めている。

関連記事
2020年には有名ブランドに?TOKYO新人デザイナーファッション大賞 2016 次世代を担うファッションデザイナーが集結
TOKYO FANTASHION(トーキョーファンタッション) 2017 Mayの全コンテンツ紹介
クリエイターズトーキョー’17選出、若手10ブランドを紹介。

【開催概要】

名称:Creators Tokyo MEN

日時:3月22日(木)~24日(土) 11:00~20:00 ※初日は12時から、最終日は18時まで

会場:渋谷ヒカリエ 8階 COURT

問合せ先:Tokyo新人デザイナーファッション大賞事務局

TEL:03-3299-2492

e-mail:tokyo@ndfg.jp

 

【参加ブランド】

amok

http://www.amok-tokyo.com/

 

 

GrassNote

http://www.grass-note.com/

 

 

meanswhile

http://meanswhile.net/

 

 

NAPE_

http://www.nape.tokyo/

 

 

PHABLIC×KAZUI

http://phablickazui.jp/

 

 

 

Y.O.N.

https://www.instagram.com/yon_official/

 

 

ユキヒーロープロレス

http://yukihe-ro.jp/

 

 

※展示会には、AND.SHOWROOM、LIGNESPRING SHOWROOM、nombre、Sian Showroom、香川卸事業事務所の協力。

※当イベントは、商談のためのイベントであるため、一般入場不可。

 

 

【Creators Tokyo MEN 参加ブランドイメージビジュアル制作チームプロフィール】

 

服部昌孝 Masataka Hattori(スタイリスト)

1985年静岡生まれ。スタイリスト猪塚慶太氏に師事し、2012年独立。メンズ、レディース問わず、エディトリアル、 ブランドビジュアル、ランウェイ、 アーティスト等様々なジャンルにおいて活動。2017年春夏東京コレクションにおいて「UMIT BENAN」のスタイリストに選ばれ、2017年春夏、秋冬では「BED j.w. FORD」のスタイリングを2シーズン手掛けた。国内だけでなく、海外でも評価されている。

 

森健人 Kento Mori(フォトグラファー)

1979年東京生まれ。高校時代、母親の影響で写真を始める。サンフランシスコへ渡米後、Academy of Art Universityで写真を専攻。帰国後、東京を拠点に数々のファッション誌や広告を中心に活躍。また写真展などを通して定期的に自身の作品も発表し続けている。

 

Taro Yoshida(ヘアメイク)

1985年 神戸生まれメンズ・レディースを問わず、ファッション誌、カタログ、アーティスト等、幅広く活動中。

 

※ Creators Tokyo MEN 参加ブランドイメージビジュアルは、一般公開される予定。

【CREATORS TOKYO IN CUBE】

また、Creators Tokyo MEN に隣接した会場CUBEでは「CREATORS TOKYO IN CUBE」も同時開催される。

 

【参加ブランド】

divka

http://www.divkanet.com

MIDDLA

http://middla.jp

-niitu-

http://niitu.jp

 

※一般入場可能。

 

 

Text:READY TO FASHION MAG 編集部

 

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする