リファラル採用|販売スタッフの活躍の場を採用にまで。TSIグループ会社、100人強を巻き込む。

販売スタッフのプロフェッショナル1400人を抱える、株式会社エス・グルーヴとの共同プロジェクト

株式会社READY TO FASHION(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役:高野聡司)は、TSIホールディングスグループ3社の販売部門・販売スタッフを集約して発足した、株式会社エス・グルーヴ(本社:東京都港区 / 代表取締役:田口 慎治)と共同で、販売スタッフを中心としたリファラル施策『リファグルーヴ』を開始致しました。販売スタッフの活躍の場を採用にまで広げるリファラル採用(紹介採用)のプロジェクトとして、ファッション業界のしごとSNS「READY TO FASHION」の機能を活用して行います。

 

『リファグルーヴ』について

株式会社READY TO FASHIONと共同で開始した、株式会社エス・グルーヴのリファラル採用*プロジェクト。これまでのアナログだった社員からの紹介をWEBを通じて行うことができるようになりました。

*リファラル採用とは?:
社員を通して知人や友人など、自社に合う人材を紹介(推薦)してもらう採用手法です。

 

 

『リファグルーヴ』のやり方

①対象の求人ページにアクセス
②応援ボタンをクリック
③自動で、その方独自の紹介URLが発行
④SNSでフォロワーにシェアしたり、興味のありそうな友人にLINEで共有。
⑤応募(紹介)があった場合には、採用担当者(人事)はREADY TO FASHIONの管理画面から、誰の独自URLからの応募かわかるようになっております。

株式会社エス・グルーヴの求人一覧:https://www.readytofashion.jp/companies/955587830/recruitments

 

プロジェクトの背景

ここ数年のファッション業界では、店頭(リアル)からEC(ネット)へと移行が進む中、店頭スタッフの”リアル”な力を活かすことにもスポットが当たるようになってきました。
例:インフルエンサー販売員 / デジタル上の接客 / スタッフによるスタイリングメディアなど

HR業界(採用)においては、少子化等の影響により、通常の媒体掲載などでは人が集まらないなど、かつてないほどの採用難となっています。そんな状況の中、ファッション業界だからこそできる採用手法として、店頭スタッフを中心とした業界に従事する人の力(SNSなどの個人の繋がり)にスポットを当てた施策を実施しました。

プロジェクトの進捗

READY TO FASHION上にある、求人記事を社員を応援することができる「応援機能」を計180件(2019年12月現在)カウントされ、社員の周りのフォロワーや友人に情報をリーチすることができました。通常の掲載によるPVも合算されていますが、累計で求人に対して、13,000PV(2019年12月現在)を記録致しました。

 

株式会社エス・グルーヴ 担当者の声

株式会社エス・グルーヴ
事業戦略室長 古川 哲

課題:アナログだった紹介制度 リファラルツールの導入コスト
解決:READY TO FASHIONにて求人を掲載していたので、追加コストなしに、WEBを介したリファラル施策を実施できた。
未来:1400名を超える社員のリソースを活用

人材不足が加速し、通常の媒体掲載だけでは次第に募集が集まらなくなっており、リファラル採用の比率を高めていこうと考えていました。これまでも紹介制度は行っていたのですが、周知が進まないことに合わせて、紙ベースのアナログな方法だったため、紹介数が少ないことが課題でした。

そんな中、これまで使用していた「READY TO FASHION」内にて、リファラル機能が新規に実装されたとのことで、取り組むことにしました。同社の担当者とリファラル採用の施策について相談をしながら、まずはスモールに本社メンバーと弊社管轄の数ブランドにて、プロジェクトとして開始しました。

取り組みを初めて早速1名内定に至る方が現れたので、今後は他のブランドなどにも展開していきたいと思っています。

 


READY TO FASHIONは
アパレル・ファッション業界に特化した求人サービスです。

資料ダウンロードへ

PERSON