EC | 明日の仕事で使える!ファッション用語辞典

「EC」とは、「electronic commerce(エレクトロニックコマース=電子商取引)」の略で、インターネット上で物やサービスを購入することを指します。
電子商取引と言うとなんだか難しく聞こえますが、通販やネットショッピングのことを言い、Eコマースとも呼ばれています。

続いては昨今、ニュース等でもよく耳にする「EC化率」についてご紹介します。

EC化率とは?
すべての商取引の内、電子商取引が占める割合のことを指します。
売上のうち何%がECからの売上か、ということになります。

例えば、売上が1,000万円の企業があったとします。
そのうち、200万円をECで、800万円を実店舗で売り上げているとします。
この企業のEC化率は20%となります。

ファッション業界でも、EC化率を上げる方針を掲げる企業が多くなっています。
コロナウイルスの影響で、実店舗の売上獲得が厳しくなり、EC化率を上げることに、より拍車がかかっているのが最近の流れとも言えそうです。

ファッション業界と繋がる
この記事をシェアする
READY TO FASHION をフォローする